琴平町観光協会観光スポット

琴平町観光協会 > 観光スポット > こんぴら街角探訪

こんぴら街角探訪

  • 讃岐一刀彫
  • 金刀比羅宮の旭社が建てられた天保八年(1837)当時、全国から腕利きの宮大工が琴平に集まり、仕事の合間にだるまを彫ったのが起源とされています。 現在、優れた職人芸を身につけた人に「伝統工芸士」が認定されます




  • 地酒
  • 琴平町には現在、長い歴史を誇る二軒の酒蔵があります。
    表参道には「金陵」の蔵元で有名な西野金陵があり、金陵の郷にある資料館では試飲ができます。金刀比羅宮御用達の御新酒。
    旧高松街道沿いの榎井に蔵を構えるのは「凱陣」の蔵元、丸尾本店で、大吟醸は幻の銘酒といわれ、日本酒党を唸らせています。



  • 石段かご
  • 表参道石段登り口から大門までの365段を登る駕籠。
    こんぴらならではの交通機関で、石段を心地よく揺られると、江戸の昔を彷彿させてくれます。


  • コトデン
  • 琴平と高松を1時間で結ぶ高松琴平電気鉄道株式会社の略で「コトデン」の愛称で親しまれています。
    かつての首都圏や京阪神圏の私鉄車輌が現役で活躍する、ちょっとレトロな電車です。
  • 琴電のホームページ


  • レトロな建物と街並み
  • 琴平にはかつて栄華を誇ったいくつかの和・洋風の旧舘が 数多く残っています。中には建築史上、貴重な建物もあります。
    また、懐かしい町並みや人情味溢れるレトロな商店街もあります。